RECRUIT INFORMATION 採用情報

先輩社員からの就活アドバイス

会社によって求める人物や期待していること、また採用にあたり着目している点などはさまざまです。
そこで、マイスターの採用を勝ち取った若手社員たちに、これから選考を受ける皆さんへ向けたアドバイスを聞いてみました。

原 真美

メカトロ事業部

インタビューを見る

「こんな仕事がしたい!」という想いが強いほど、
熱意は相手に必ず伝わります。

学生時代、実習の中で「製図」が一番好きだった私は、いつか製図に携わることのできる仕事に就きたいと思っていました。そして、就職活動を始めた頃に見つけたのが、学内に張り出されていたマイスターエンジニアリングの求人票。仕事内容に「設計製図」と書かれているのを見て、「ここだ!」と思い、マイスターエンジニアリングの選考を受け、無事に就職が決まりました。就職を果たすことができたのは、自分自身の「やりたい仕事」に懸ける熱意が面接官の方にも伝わったからだと思います。これから就職活動をする方々も、「自分の好きなことや得意なことを生かすには、どんな業界・どんな仕事が合っているのか」を軸に会社選びができれば、その後の選考でも熱意が伝えやすくなるはずですよ!

佐藤 祥太

メカトロ事業部

インタビューを見る

大事なのは、
常日頃からの意識と一生懸命さ。

就職活動では、具体的に「これがやりたい」というほど明確な目標はありませんでした。ただ漠然としながらも、「機械系でものづくりができる会社」に焦点を絞って、いろいろな企業をまわりました。基本的なことかもしれませんが、就職活動中は常に誰かに見られているかもしれないという気持ちを持って、日頃から服装や持ち物などの見た目と、行動にも気を遣うようにしていましたね。特に面接に行く日には電車に乗っているときからその意識を持つように心がけていました。MEの面接ではとにかく一生懸命、僕なりに話をしたのを覚えています。採用となった理由はわかりませんが、その僕なりの一生懸命さが面接官の方々に伝わったのかなと思います。

古田 梨恵

メカトロ事業部

インタビューを見る

一番大切にしたのは
その会社にいる“人”のこと。

就職活動中さまざまな企業をまわりながら、その会社の概要や仕事の内容を調べましたが、実は私が一番重要視していたのはその会社の“雰囲気”とそこで働く“人”のことでした。仕事内容ももちろん大切なのですが、実際に働いてからの環境って仕事を続けていく上でとっても重要だと思うんです。だからこそ、自分に合う会社を選びたかった。マイスターの場合は、会社説明会に参加したときに採用担当の方の感じがとても良かったんです。「こんなに良い人のいる会社なら、その周りの人たちもきっと良い人たちに違いない」そう直感で感じて、「入りたい!」と思いました。実際に入社してみたら、周りの先輩方も気さくでやさしくて、直感を信じて良かったと思いました。会社説明会や面接は自分を見てもらいながら、逆にこちら側も実際にその会社で働く人と接して会社の雰囲気を見極めるチャンスです。そんな視点も忘れずに臨むといいと思いますね。

君野 貴大

ファシリティ事業部

インタビューを見る

徹底的に企業分析し、
内定後も自分の姿を描けること。

就職活動をしていた際は、会社説明会の他にもHPなどサイト情報等も利用して同業他社様との比較をしながら企業分析を徹底的に行いました。その上で内定を頂いてからも、具体的にどんな業務内容を担うのかについてはぼんやりとしかわからなかったので、働いている社員の方々にお話しを伺う面談の場を設けて頂きました。もともと現場で働きたいと思っていたので、これからチームとして現場で一緒に働かせて頂く先輩方はどんな方なのだろうと、仕事の内容はもちろん人への興味も広がっていったからです。この面談を通じて業務の具体的なイメージを持つことができました。また自分のやりたいことを提案するチャンスがある職場環境にも共感でき、この会社で働きたいとも強く思いました。そして、現在もこのような体制がモチベーションにもつながっていて、充実した学びの日々を送っています。

コーポレートサイト