キャリアプロフィール

地道な積み重ねがお客様からの信頼となり、自分のキャリアに。 金子 明夫 2001年入社

入社1年目?2年目 口下手を克服して折衝力を養った東京での下積み時代

場の生産ラインで現場を知り、フィールドエンジニアとしての基盤を築く。

僕が任されているのは、電子顕微鏡の納入をはじめ、お客様からのご要望に対して現地へ伺い、修理をおこなうフィールドエンジニアの仕事です。入社してから最初の1年間は、工場の生産ラインを手伝いに行って現場を理解することから始まりました。電子顕微鏡って寿命が約20年ですが、年数や使い方によっても故障の幅が広いので、現場や機器の仕組みをまずは勉強しました。その後少しずつ、フィールドエンジニアとしての外回りもするように。もともと口下手なので最初は緊張しどおしでしたね。ただ、どうして修理が必要な状態になったのか、その経緯をお客様からヒアリングする必要もあるので、仕事をしていくうちに話せるようになってきました。

障というマイナスの状態から、信頼感というプラスへ転換していく。

僕らの仕事は、基本的にはまず謝罪から始まるんです。お客様からしてみたら、機器は使えて当たり前のもので、故障によって仕事がストップしてしまうわけですから。謝って、挨拶して、修理して、最後に謝って終わる。ある意味、技術のプロでもあるし、接客のプロでもいなければならないのかもしれません。また、お客様の質問に対して、分からないことや曖昧なことがあれば、その場しのぎで答えることはしてはいけないんです。「宿題として持ち帰らせてください」など誠実に対応することで、お客様からの信頼を得ることができる。この時期は、技術というより、コミュニケーション力や折衝力を養った時期でしたね。

入社3年目?6年目 1人でこなす、ベテランとしての強さが必要に

ンジニアは修理ができて当たり前の存在。だからこそ欠かせない日々の勉強。

3年目からは、名古屋の現場で人手が足りないということで、僕も行くことに。名古屋は安全性に対するコンプライアンスが非常に高い業界が多いので、高いスキルが求められる土地柄なのか、新製品を買う企業が多いのが印象的でしたね。実は新製品の場合、特殊な方法で作られているものも多いですし、前例がないので壊れると修理するのが大変なんです。ただ、お客様にとってエンジニアは修理ができて当たり前の存在。新人の頃は先輩を頼ることもできますが、ベテランともなってくるとなかなかそうもいかないので、プレッシャーとの戦いはありました。あらゆる故障や状況に対応できるように、日々技術を磨き、知識の取得に励みました。

には気持ちをリセットするスイッチも必要。

電子顕微鏡を納入しているので、一般の方が入れないような大学や企業の研究所に行けるのもこの仕事ならではだと思いますね。でもだからこそ、お客様は研究者であり、様々なタイプの方がいるので、コミュニケーションをとっていく苦労はあります。色々と無理難題を言ってこられるお客様も結構いらっしゃいます。初めのうちは戸惑ったり、落ち込んだりすることもありましたけど、「悩んでても仕方がない」と割り切って、趣味の自転車でリセットするようにしていました。どんな仕事でも辛いことってあると思うので、そこで負けてしまうと次も同じかなと。で、ストレスが溜まったらひたすら自転車をこぐ、という(笑)。そういうスイッチを持つことって、どんな仕事でもキャリアを積み重ねていく上で意外と重要なんじゃないかなと思います。

入社7年目?現在 5人のメンバーをまとめるチームリーダーへ

古屋の現場では、クライアント先の新人の教育を担当することに。

名古屋の現場に常駐するようになって6、7年経った頃に、常駐先の会社に新入社員が入ったんです。たまたまその上司も代わったばかりだったので現場のことがよく分からない、ということで、自分が教育を任されることになりました。マイスターではなく常駐先に後輩ができたという感じですね。別の会社の人間である僕に任せてもらえたということは、それだけ信頼してもらっているということだと思うので、嬉しかったです。教えることで自分が成長していけることもたくさんあったと思いますので、良い経験をさせてもらいました。

ームリーダーとして、一緒に頑張る仲間をサポートしていきたい。

3年ほど前に会社の組織編成が変わり、僕はチームリーダーとしての役割を担うことに。心がけていたのはまめに連絡を取り合うこと。やはり当社のようにアウトソーシングスタイルの会社だと、それぞれが別の会社で仕事をもらうことも多いので、なかなかコミュニケーションが取りにくいんですよね。僕の場合もそうですけど、仕事上で何か迷うことがあった場合に、相談する相手が常駐先の人だけという状況は、やっぱり辛い。でも、連絡をまめにとれる環境があれば、直接仕事を手伝うことはできないけれど、話を聞くことはできる。そういう意味では組織が変わって、会社の雰囲気もとてもよくなってきたと思います。

5年後の目標は

新しい人を増やして
チームを強化していきたい

現在は大阪に勤務しています。前の業務と若干やり方が違う部分もあるので、勉強しながら頑張っています。今のチームは5人ですが、今後できれば10人ぐらいまで人を増やして大きくしていきたいですね。人を増やすのはなかなか難しいけれど、例えば新しく入ってきた人をひとりぼっちにしないで積極的にフォローしたり、コミュニケーションの回数をこれまで以上に増やすなど、仲間意識を強化していければなと思います。結果、売上も上がれば言うことないですね。

メカトロ事業の仕事を見てみる

会社を知る

  • キャリアデザイン制度
  • キャリアプロフィール
    • 金子 明央 2001年入社(15年目)
    • 仁木 洋 2003年入社(13年目)
  • 研修制度・通信教育・自己申告制度
  • マイナビからエントリー
  • リクナビからエントリー

ページトップ